トイレリフォームの流れをチェックする

トイレリフォームをしたい場合、どんな段取りで実施するのか考えなければなりません。トイレは1日でも使えなくなると不便です。そのため流れを確認しスムーズに進むように計画を立てておく必要があります。

■施工前までの流れ

まず業者に依頼の電話やメールを行います。どんなトイレリフォームを考えているのか、時期や規模について説明します。大まかな話は電話で行えますが、具体的な話を進めていくためには、業者のスタッフに見積もりに来てもらう必要があります。見積もりは一社だけでなく、複数の会社から取ることをおすすめします。そうすることである程度の相場も知ることができます。もし排水管 水漏れなどの問題が起きているなら、それも伝え確認してもらいましょう。
ここまでの作業はほとんどの業者が無料で行ってくれます。疑問に思うことや施工についての詳しい話を行い、スタッフの知識や対応の仕方、会社の実績についてもチェックします。

■施工後の流れ

複数の会社から見積もりを取ったら、内容を検討して依頼する業者を決定します。契約後、実際の施工に入りますが、解体工事が始まった時点からトイレは使えなくなります。自宅のトイレが利用できない間どうするかを考えるためにも、施工前にどれくらいの期間トイレが利用できないか聞いておきましょう。
トイレリフォームの規模、大きさにもよりますが、一般的には1日から2日程度で設置工事が完了します。

■まとめ
まずはトイレリフォームができる業者に相談し、見積もりを依頼することが大切です。余裕があるなら数社から説明を聞くことで、各項目を検討できます。どこまでリフォームをしたいかきちんと説明して後悔のないリフォームにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ