トイレリフォームで便座を比較する

トイレリフォームをする際、どんなタイプを選択するか考えなければいけません。全体を交換することも可能ですが、安価にリフォームができるので便器のみを交換したいという場合もあるでしょう。

■便座を交換する

トイレ本体は劣化していないものの、便座だけが壊れてしまったり使いにくくなったりすることがあります。昔ながらの便座は何の機能も付帯していないため、冬場は寒く高齢になるにつれて使いにくいと感じることが増えていきます。
ウォッシュレットなどの機能がついている便座へ、交換することを検討します。ウォッシュレットは壁付けのリモコンで操作できるものや、トイレの便座横にリモコンがついている袖付きタイプがあります。身体が不自由な場合も手が届きやすく、操作しやすいです。

■その他の機能を確認する

温水や暖房を使わないときに、タイマー機能を使って節電できるタイプがあります。ウォッシュレットのノズル部分は部品が細かいのでお手入れが難しいです。清掃機能が自動で洗う機能がついているものもあります。使わない機能が多すぎると、使いにくく感じることもあります。使用頻度が高く必要な機能は何か、家族と話し合って決めておきましょう。家を空けることが多かったり、電気代を節約したいというときは、用途に合わせて節電できるタイプが便利です。トイレを使用したときの臭いが気になる人もいるでしょう。脱臭機能が付いたものもあります。多くが立ち上がったあとに脱臭機能が作動します。

■まとめ
便器のみのトイレリフォームは、どんな機能が必要か考えるところから始まります。温水洗浄タイプなら、節電機能がついているもの、自動洗浄が充実しているタイプが販売されています。次の人への配慮をすべきだと考えるのであれば脱臭機能も合わせて考慮しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ