手洗い部のトイレリフォームを検討する

トイレリフォームは、何回も行うものではないのでよく計画して納得のいく仕上がりにしたいものです。トイレだけではなく、周りのリフォームの配置なども考えていきます。手洗い部を設置するかどうかも決める必要があるでしょう。

■手洗い部はどうするか

トイレの種類もバラエティー豊かになっているので、それぞれの家庭事情にあったものを選びやすくなっています。従来のタンク付きトイレなら、タンクの上部に手洗いができる場所がついているタイプが多いです。コンパクトな手洗いで、タンクと一体型タイプなので場所をとりません。最近ではタンクの上部がフラットになっていて、スッキリとしたフォルムのものがあります。そのタイプですと、手洗いは別に取り付けなければなりません。トイレの外部にスペースを確保しなければいけませんが、独立していて使いやすいです。

■その他考えるポイント

手洗い部のトイレリフォームを行うとなると、ある程度の費用がかかります。手洗いがなかったところに設置するなら、排水部の施工も必要です。
その際の業者の選択は大切なポイントです。一度施工が終わったとしても、排水部の不具合があったらすぐにアフターフォローに来てもらえるところに依頼しましょう。水道 評判を考えて、配管施工も丁寧に行ってくれるところを選ぶことが大事です。


■まとめ
手洗いをどこに設置するか考え、トイレの内部にするなら、タンク付きトイレを検討します。外部に設置するならどこに手洗いがあると良いか、よく話し合いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ