トイレリフォームを行う前に考えるポイント

トイレリフォームを行う前に考えるポイント トイレを長く使っていると、そろそろトイレリフォームが必要だと思う時期が来ます。みんなが使う場所なので家族で話し合いを行い、タイプやリフォームの規模など相談すると良いでしょう。事前にチェックリストなどを作成して、失敗しないトイレリフォームを行いたいものです。



■範囲を考える

まず、どこまでリフォームを行うか検討する必要があります。トイレの中には色々な部分があります。トイレ本体の状態が悪くなっていて本体を交換したいなら、本体のみのリフォーム工事を行うか、その周囲も一緒に工事するか考えます。本体にも便器全体を交換する方法と、便座だけ外して新しいものにする方法があります。
もしもこれまでのトイレの大きさよりもコンパクトになる場合、古いトイレの跡が壁や床などについていて目立つことがあります。そのため予算には床や壁紙の張り替えも含めて置いた方が良いでしょう。内装も新しく整える場合、消臭効果や汚れのつきづらい防汚効果のあるもの、撥水効果のあるものなど壁紙にも種類があるため総合的に判断しましょう。

■トイレのタイプを検討する
トイレ本体の交換にあたっては、今どんなタイプが発売されているのか、家庭に合うものは何かについて考えます。メーカーごとに、さまざまな機能を持ったトイレが販売されています。
昔のトイレにはないタイプに、タンクレストイレが挙げられます。タンクレストイレは今までタンクがあったスペースに便器だけを置いているので、スッキリとした印象となります。タンクに水をため、その水を使ってトイレを流すのではなく、水道栓につないだ配管から直接水を流します。水の勢いが必要ですが実現すればスペースを有効活用でき、今までよりコンパクトなトイレとなります。将来車いすを入れたいと思う場合や掃除等が大変でトイレリフォームを考えているなら、検討する価値があります。
メーカーによっては、節水タイプのトイレの種類が多いところがあります。家族が多い場合、お客さんがよく来る家など日ごろから水量を抑えたいと考えるならエコタイプが良いです。

■業者の選択ポイントを考える

交換したいトイレが決まり、予算もある程度決まったら業者を探します。インターネットから検索したり、地元の業者が掲載されている電話帳などを活用します。メーカーが主催する展示会やホームセンターに展示されているトイレがあれば見に行って確認するなど、適切な業者を紹介してもらうのも良い方法です。いくつかの方法で業者をピックアップし、見積もりを依頼します。
見積もりの内容を比較し、同じ条件下で価格だけではなく、サービス内容もチェックします。業者が地元の場合、交通費や細かな出張費はかからないでしょう。全国で展開している業者なら、サービスが平均化されていて地方との差がない場合が多いです。材料費などは大量に仕入れるため、地元の業者より安価に設置できることもあります。
水道 評判も無視できない一面です。スタッフの態度はどうか、アフターフォローをしている会社か、地元の人の声も確認します。インターネットにお客様の声が掲載されているなら、コメント欄も見ておくと良いです。
実際にどんな工事になるか、トイレリフォームの図面などを見て説明を聞きますが、リフォーム後の様子をイメージしにくい場合もあります。カタログを見たり、近くにメーカーのショールームがあれば見学に行くのも一つの方法です。

■まとめ
トイレリフォームを行う場合、予算との兼ね合いも考えどこまで手を入れるか話し合います。家族の中に介護を必要とする人や車いすを使う人がいるなら、その人たちが使いやすいようにすることも考えないといけません。次に交換したいトイレのタイプを選択します。
業者選びはとても大切なので、数社から見積もりを取り、検討しましょう。業者の選択にはいくつかポイントがあり、評判も大切です。総合的にみて判断しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース